東京駅八重洲口 日本橋駅 銀座駅近 心療内科・精神科のメディカルクリニックルナ東京

心療内科 精神科

パニック発作の予防のために

パニック発作の予防のために

ある日理由もなく、突然、心臓がドキドキしたり、呼吸が苦しくなったり、めまい・吐き気・過呼吸、手足のしびれなどの体の異変が起き、死んでしまうのではないかというほどの恐怖に襲われるのがパニック発作です。このパニック発作の時間は、長くても15分ほどがピークで、その後は落ち着いてきます。日本人の10人に1人が、一生のうちに経験するそうです。

パニック障害は、一般的に脳内の神経伝達物質のバランスの乱れとされています。脳内の神経伝達物質としては、ノルアドレナリン、セロトニン、GABA、グルタミン酸などが関与していると考えられています。向精神薬などを使って治療をしていくのですが、予防としては日常生活でも工夫する点もあるかと思います。

東京駅・京橋・日本橋・八重洲・丸の内・銀座付近で心療内科・精神科をお探しなら、メディカルクリニックルナ東京にご相談ください。